Vintage Ken

箱入り人形コレクション・ベンダブルレッグケン 1965年/#1020 Boxed Brunette Bendable Leg KEN 1965

1965年、バービーと仲間たちは膝を曲げられるようになりました。

このベンダブルレッグ(曲げられる脚)を持つ人形の箱は以前のものより大きくなりました。ストレートレッグの箱「約32㎝×9㎝×4.5㎝」⇒ベンダブルレッグの箱「約34㎝×11㎝×6.5㎝」※数字はケンの箱のサイズ。

大きくてカラフル、写真やイラストレーションも沢山載った立派な箱。値段はストレートレッグ時代と同じ3.5ドル。現代(2017年)の価値で換算すると約27ドル。※https://westegg.com/inflation/infl.cgiを使用。

新しいベンダブルレッグを持ったケンは新しいデザインのビーチウェアを着て、ブックレット・サンダル・スタンドと一緒にこの大きい箱に収まっています。

画像のベンダブルレッグケンはほぼパーフェクトの状態。オリジナルのリストタグを付け、ブックレット&サンダル入りのオリジナルビニールパックが添付、スタンドは1度も取り外されずに箱の内側に収まっています。 こちらは100%の状態のストレートレッグケン。

“LIFE LIKE” BENDABLE LEGS. 「生きているように、実物みたいに」曲がる脚。この脚はゴムの様な素材で出来ていて中に入った骨組み関節が3段階にパキパキと曲がります。ヴィンテージ期のバービーファミリーのベンダブルレッグを幾つも触りましたが、3段階目まで関節を曲げてそのままキープできる脚は少ないです。

曲げる時の手応えは思っているより大きく、音も出ます。脚がゴムの様な素材になって衣装が着せ辛くなりました。パンツスタイルばかりの男性ドールは特に着せ辛い。しかし着せつけると脚が曲がるだけで驚くほど衣装(生地)も活き活きしてきます。

髪の色を伝える【Brunette】の部分はステッカーが貼られている。

USA印刷。私のコレクションには無いのですが、全く同じデザインで日本で印刷された箱もあります。

綺麗に残ったリストタグ(裏側)

フロックトケンとベンダブルレッグケンは頭部にビニールの袋を被った状態で出荷されたようです。この画像のケンも元はビニールパックを被った状態でした。

1965年当時の状態で保管したい思いはあったけれど見た目があまりに可哀想。それにビニールを被せたままなのは人形にも良くない(劣化が速まる)ので外しました。

ビニールパックはケンの頸部分で輪ゴムで留めてありましたが、その輪ゴムは慎重に外しても崩れてしまうしかない状態でした。下の画像はビニールパックを外す際に砕けたゴムの残骸。元輪ゴムとは思えないほど黒くなって硬化しています。

 

袋を被せて再現。

小さな画像(背景が青の画像)はとても見辛いですが購入時の状態が写っています。頸元に硬化した黒いゴムが付いています、これを外しました。この小さな画像では人形が本来の収められ方をしていて足が浮いています。

 

上箱右側面、上段#1416カレッジスチュデント/College Student(1965),#1413オフトゥベッド/Off To Bed(1965)

中段#799タッチダウン/Touch Down(1963),#790タイムフォアテニス/Time For Tennis(1962)

下段#799アメリカンエアラインスキャプテン/American Airlines Captain(1964),#793ドクターケン/Dr.Ken(1963)

左側面、上段#797アーミィアンドエアフォース/Army and Air Force(1963),#1409ゴーインハンティン/Going Huntin'(1964)

中段#1414ホリディ/Holiday(1965),#787タキシード/Tuxedo(1961)

下段#1417ロヴィンリポータ/Rovin’ Reporter(1965),#1412ハイキングホリディ/Hiking Holiday(1965)

( )は登場年。ベンダブルレッグケンと一緒に1965年に登場した衣装と前年までに登場した衣装が並べて描かれています。

ブックレットが入った袋は本当は箱の内側に入って下の穴から覗いている筈なのですが、画像の物は外に出てしまっています。

上の2つの穴は人形の腕を通して押さえる為の穴。この穴を使って収めると人形が浮くことになり負担で紙が破れる原因なのでやっていません。

この内箱(オレンジ色の方)はとても不思議な造り。今後構造が判る開いた箱を紹介予定。