Barbie Fashion

ヴィンテージバービー#5の比較/#5 Comparison

最初はみんな同じ顔だと思っていたバービーたちが、見慣れてくると違いがあることが判ってきました。

#3と#4の違いではなく、同じ#5という種類の中での違いです。

左側は、まだ街にヴィンテージ品を売る店があった頃に手に取って選んだ黒髪の#5。コンディションは悪いけど美人です。※右側は先日紹介したファーストヴィンテージ#5

基本的に伏目で流し目のバービーですが「眉、まつげ(モールド)、虹彩、瞳孔」の少しのペイントの具合で表情に差が出ます。

また同じ種類(この場合は#5)でもビニールの質が異なっています。画像右側ブロンド#5のヘッドはゴムっぽい感触、左側ブルネットのヘッドはビニールっぽい感触。私の素人の感覚です。

インターネットの登場で簡単に購入できるものになりましたが、ネットの小さな情報からヴィンテージバービーの状態を知るのは難しい。インターネットでの購入はどうしてもギャンブルゲームになると思います。

この左側のブルネット#5はまつ毛のモールドが綺麗な三日月型に描かれていています、瞳孔の位置も良い位置に描かれています。眉のペイントが薄くなっているのは何故だか判りません。

残念ながら彼女は典型的なオイリースキンの問題を持っていて20年以上ヘッドから油が染みだしています。髪まで濡れたようになるので時々彼女のポニーテールをほどいて洗ってあげないとなりません。上記右側のブロンド#5にはオイリースキンの症状が出ていません。Above:Comparison of #5 Barbies. in Fashion Pak ‘Belle Dress(1962)’.

Below:Beautiful raven #5 in Barbie in Mexico(1964). she has a serious oily skin problem.