Vintage Ken

タッチダウン!/Allan in #799 Touch Down! (1963) with a Baby

ヴィンテージ期からモッズ期初期までのバービー製品は日本製。

この有名な事実を知らずに衣装を手にして品質の高さに衝撃を受けました。

人形にぴったり馴染む【生地・パターン・縫製】で、しかもアメリカ~日本~ヨーロッパまで販売された大量生産品でした。

数量限定品ならいくらでも豪華に出来るけれど、ヴィンテージ期のバービー製品は高品質なものが大量に生産されました。戦後から昭和30年代まで玩具輸出は日本が外貨を稼ぐ手段の1つで、中でもバービーはドルを稼ぐ優等生だったそうです。一体どれだけ生産したのでしょうか?こういう資料が残っていなさそうな所が本当に残念です。

ヴィンテージバービーは日本製。世界中にファン/コレクターが居て、MADE IN JAPANの古いバービー達は世界中を巡っています。

世界のコレクターに愛されているのはMADE IN JAPANの品質と稀少性で、’JAPAN’にはそれ以上の意味はないように思います。しかし日本人にとっては大きな意味がある。ある時期のバービーたちが’MADE IN JAPAN’であった事、それらが今も愛されて高値を付け続けている事。それらが今も市場をぐるぐると巡り続けていること。

このブログサイトは過去のアメリカ文化と生産国日本へのオマージュ。ここに載る物は全て私のコレクションで「日本製/MADE IN JAPAN」のものになります。例外品はすべて生産国名を明記しています。

MADE IN JAPANのヴィンテージ製品の様に、このブログも丁寧に作っていこうと決意しています。

1964年ストレートレッグアラン。赤ちゃん人形は#953 バービーベイビーシット(1963)より。

1964 Straight leg Allan in Touch Down! please don’t fumble a baby, which comes from #953 Barbie Baby-Sits(1963).