Barbie Fashion

Enchanted Eveningの構成①/Barbie Fashion 1960 #983 ENCHANTED EVENING configuration/regular US version

左から1964年スワルポニイテール/1960-61年#4/1961年#5,バービーたち。衣装はすべて#983Enchanted Evening,USレギュラーヴァージョンのピンク色、左からピンク色の造花/ビーズ/白色の造花。

いくつかのコレクターサイトで”初期がビーズヴァージョン、後期がピンク色の造花、ヴァリエーションで白色の造花”と書かれています、しかし参照がありません。

1964 Swirl/1960 #4/1961 #5 in #983 Enchanted Evening US regular pink versions(1960-63). From the left, PINK ROSE/BEADS/WHITE ROSE are attached to the waists. Some Barbie collector sites says “the earlier versions has 3 sequins and beads at the waist, later versions has a pink rose, white rose is variation” but there are no references.
Enchanted Evening was introduced already in 1962 Japanese catalogue and it was also sold in Europe after 1964.

この衣装がアメリカで販売された期間は1960-1963年。1962年の日本のカタログにも登場しているそうです。1964年からはヨーロッパでも販売され,今でもたくさんのEnchanted Eveningが存在していると思います。

衣装を観察するのにサンプルが3枚ではとても少ない、しかし私が持っているのは状態が悪く、解体にふさわしい1枚。もちろん解体します、これから一緒に見ていきましょう!

 

 

この花はどのようにドレスに付いているか。

造花は茎が針金になっています。その針金をドレスに引っかけてあるだけ。全く縫われず、とてもシンプルに付けられている。

Although my only three gowns are not enough as research material, one of them is suitable for dismantling and observing I think. let’s look at the detailed configuration together!

 

ビーズヴァージョンのビーズはドレスに縫われています、ビーズから造花に変わった理由はわかりませんが、ビーズに比べて造花ヴァージョンは”明らかに1つの工程がとても簡単になった”と言えると思います。

How is this rose attached on? the way is very simple, the stem of rose is made of wire, just hook the wire to the dress tuck. it can be said clearly that the process had been simplified compared to beads version, because the beads of beaded version are sewn with thread and a needle.

 

さあ、タックの糸を切ります。

解体したのはスカート部分。広げるまでこの形を想像することができなかったです。大きさは約43×35㎝。タックを5回取り、糸で止め、そこに造花の針金を引っかけているだけ。

Expanded skirt. roughly 43×35cm. had taken 5 tucks, fastened with thread.
I could not imagine this form!

 

ビーズヴァージョンが初期だと判る記事はこちら。

次回は”造花”について。

About “ROSE” next time!