Barbie Fashion

バービー&ケンリトルシアター・赤ずきんとオオカミ①/Barbie Fashion 1964 #880 RED RIDING HOOD & THE WOLF (Little Theatre Costume/complete)

赤ずきんとオオカミ。バービーの800番台の衣装、赤ずきんを演じるのはバービー。オオカミ役はケン。

他のリトルシアターコスチュームシリーズと違って赤ずきんにはペアになるケンの衣装は販売されず、赤ずきんの中にオオカミ役のコスチュームも含まれています。

アクセサリーにハンティング帽があるということは猟師が出てきてオオカミが盛大に復讐される版でしょうか。子供は残酷な遊びを好むのでこれは盛り上がったのではないかと想像します。赤いずきんを被ったバービーに復讐されるケン!

と思ってリーフレットを見るとすこし違います。副題は「Saved By A Nightcap」、「ナイトキャップに守られた赤ずきん」なのです。どういうことでしょうか。内容を見ていきます。

内容:リーフレット、オオカミのマスク、ハンティング帽、おばあさんのナイトキャップ、フード付ケープ、ドレス、コルセット、長いソックス、靴、パン、バスケット、ナプキン。

リーフレット:赤ずきんの簡単な話が書いてある。おばあさんはオオカミに食べられずにクロゼットに入れられていたという優しいストーリー。ラストでオオカミは縛られるだけ。

オオカミのマスク:フリース素材、目はプリント、青地に黒水玉の蝶ネクタイをしている。

ハンティング帽:赤×黒のチェッカー柄。厚手の生地。これは猟師ではなくオオカミの物。リーフレットの話ではオオカミはこれを被って森の中に登場。

おばあさんのナイトキャップ:白地に小さな赤い水玉、縁はレース。オオカミが被るのでサイズは大きい。リーフレットではオオカミが赤ずきんを襲おうとした時にこのナイトキャップがずり落ちてオオカミの目を覆い歯に引っ掛かる、赤ずきんの悲鳴を聞いた森の住民(きこり?)が助けに入る、というストーリー。

フード付ケープ:赤、薄いフリース素材、タグ付。

ドレス:水色に白い水玉、襟と袖に白いレースの縁取り、タグ無、他のバービードレスほどバストとウェストを強調しないシルエットで丈が長目。

コルセット:黒いフエルト素材に黄色い紐でレースアップ、各穴を補強する部品が付いている(画像の物は外れてしまっている)。

長いソックス:白、コットン。

靴:ビニールを熱処理で貼り合わせて作られている。画像の靴はビニールが硬化してきている。

パン:黄色いロウ製、赤で着色。

バスケット:ドリームボウトの帽子などと同じ素材。

ナプキン:赤×白。

ケープにタグが付くのでドレスにはタグが無い。このドレスだけ見るとバービーの物だと思わないかもしれない。画像のコルセットの金具は全て外れている。

子供向けに優しく直されたマテル版赤ずきん。オオカミ(ケン)がお腹を切られたり、そこから食べられたおばあさんと赤ずきんが出てきたり、赤ずきん(バービー)がオオカミのお腹に石を詰めたりといった残酷な光景を止め他愛のないストーリーになっています。

しかし困った事がありました。オオカミにはマスクしかない。ケンはファッションドールとしてどうするか。

リーフレット表紙。オオカミは蝶ネクタイを付け、ハンティング帽を被って森に登場。

 

ケンはバービーと共演する為にこんな格好で舞台に出ないといけないのか?

マテル社はどうしたでしょう。

1964年、いろいろな舞台コスチュームと共にバービー&ケン リトルシアターという厚紙製の舞台装置も販売されていました。これら一式の宣伝(TVコマーシャル)をyoutubeで観ることができます。

この中でケン扮するオオカミは半そでシャツを着て舞台に出ていました!

 

1960年代の白黒画像のコマーシャルなので確認しづらいのですが1962年のファッションパックの赤い半そでシャツでした。

右の画像の様な感じ。パンツは確認できないので想像でシャツと同じ1962年のファッションパックのスラックスを着せています。

リーフレットの姿を思うとよくはなったけれど赤い半そでのシャツを着たオオカミ。この2人が急に遊園地のスタッフみたいに見えてきます。

これをもっとエンターテインメントらしくすればケンは喜ぶでしょう。

 

 

これは私の希望で着させたタキシード。これでオオカミは魅力的な姿に。

‘知らない人と話してはいけない’と判っていた赤ずきんがつい楽しくおしゃべりしてしまったオオカミですからこのくらい素敵なら子供だって納得。

この衣装セットではオオカミのマスク/ナイトキャップ/ハンティング帽はすべて’For KEN(ケン用)’となっていますが、リトルシアターに付属する台本では配役が分かれます。それは別に紹介予定。

 

ここで赤ずきんの衣装を着たバービーは#3。バービーの中では儚げな印象の#3、しかし真っ赤なリップで’小さな女の子’を演じる姿は妖艶。ファムファタル、魔性の女に思えます。

On 1964 TV advertisement, Ken doll was dressed in 1962 Fashion Pak red half-sleeve shirt when he was playing the Wolf. you can see it on youtube.

I prefer men in Tuxedo so the above photo which the wolf wearing tuxedo is just my idea.