Vintage Ken

ヴィンテージ衣装と1999年ケン/Ken as Sinatra

フランク・シナトラドール。1999年/中国製/”バービーラヴズフランキーシナトラ/Barbie Loves Frankie Sinatra”

この人形の話の前に。ある衣装を着続けていたヴィンテージケンのボディが赤く染まりました。色移りは赤いポロシャツとソックスからで、ケンの腕と足が赤くなりました。

ヴィンテージ期の衣装は縫製は良いのですが染色に問題があるようで洗うと鮮やかな色水が出て驚くことがあります。※全てではありません。

今回赤くなったケンは何年も衣装を着せて放置していた訳ではなく、衣装を着せておいたのは2か月程度なのです。それで赤くなってしまいました。

生産されてから何10年経っても色が定着しないのは「染色の問題」なのか?ヴィンテージ期の人形の材質の問題もあるのか?または双方の相性の問題なのか?

ケンが赤く染まったことで同じ衣装を新しい材質の人形に着せてみる実験をしています。

この人形はケンです。バービー同様にケンも誰にでも変身するのでこの人形は”Ken as Sinatra”、フランク・シナトラを模したケンです。

新しいといってもすでに製造から20年経過しているのですが、これが私が持っている唯一の現代ボディのケンです。今はもう2018年なので人形や素材はもっと進化している筈ですが、色移り実験ならこのフランキーでも適していると思います。

実験衣装は1962年のファッションパックの赤いポロシャツとグレイのパンツ、それにマルチカラーストライプのソックスは”カジュアルズ/#782 Casuals(1964version)”から。靴はヴィンテージ期のものは入らないのでオリジナルの物(1999年中国製)を使っています。

実験をして、後日結果を報告します。どうなるでしょうか?

フランキー人形について。私は日本製以外にはあまり興味がなく、この人形を購入するかどうか20年悩みました。

悩んだ理由の1つに全体のイメージが違うというのがあります。ケンは6フィート(183㎝)で設定されているので実物のシナトラより10㎝以上背が高いからです。この人形にはシナトラの小さくて鋭いイメージが足りていない・・・

しかし結局はケンなので仕方がない、このヘッドはよくできていると思います。

‘Barbie Loves…’という商品タイトルにThe Voiceへの敬意を感じます。バービーがLOVEならシナトラは満足でしょう。それに付属のマイクスタンドが素敵なので最終的に購入しました。

フランキーのオリジナル衣装はかなり大きく出来ていたのでヴィンテージ衣装を着せたいと思いました。しかし脱がせて出てきたのはサイボーグみたいなボディでとても驚きました。

金属が光るひじ、膝裏の穴、そして内臓が無いようなウェスト、いまだに直視できません。なんて不自然なのだろうと思いました。

しかし衣装を着せてポーズを付けるとこのボディが作るポーズはとても自然。いまのところ、私は仕掛けがないヴィンテージのボディのほうが好みですがG.Iジョーの楽しみはこういう感じなのかもしれないと思いました。

フランキーがヴィンテージ衣装を着るのに問題になるのは「手」でした。手の大きさがヴィンテージボディの手よりもずっと大きい。そして親指から小指まで大きく広げていて袖に手が通らないのです。

ヴィンテージ衣装を色々と試してみると、フランキーはヴィンテージケンのニット/袖が広い半袖シャツ/コート等は着られます。パンツ類も全て着られます。

長袖シャツとジャケットが袖が細くて無理でした。この人形以外のことはまったく判りません。