Ken Fashion 1965

ヴィンテージケン衣装コレクション・#779アメリカンエアラインズキャプテン/Ken Fashion 1964/1965 #779 AMERICAN AIRLINES CAPTAIN(1964/1965mix)

アメリカンエアラインのキャプテン(機長)の衣装、色もアクセサリーもとにかく格好いい1着。1964年と1965年に販売されました。

内容:ジャケット、パンツ、黒いソックス、黒い靴、フライトログ、バッグ(バッグは1965年のみ追加されたアクセサリー)。

ジャケット:濃紺、一重仕立て、タグ、ボタン3、ボタンループ、袖口に4本のライン、記章、ポケットフラップ2、後ろベンツ1。

パンツ:タグ無し、ジッパー、スナップ、ポケットステッチあり。

靴:底に「JAPAN」マーク入。

黒ソックス:コットン。

フライトログ:ボール紙製。

バッグ:衣装と共布、ジッパー、底鋲4。

ジャケット左胸に付く記章はバービーのエアライン衣装/#984American Airline Stewardess(1961)や、ケンの陸軍海軍衣装/#797Army&AirForce(1963)に付く物と同じ。

フライトログの下に小さな文字で’Ⓒ1963 MATTL,INC・JAPAN’と印刷されている。

左はブックレットで紹介されている1964年ヴァージョン、バッグが付いていません。そして付属品の説明を見ると描かれているシャツとネクタイも出てきません。この衣装セットを購入してもシャツを持っていないと着せられないのでした。1965年にバッグが追加してもシャツとネクタイが付くことはありませんでした。

右のフランス版のカタログは何年のものか判りませんが、紹介されているのは1965年ヴァージョン。フランス語ですがここでも写真に写っているシャツとネクタイが付属すると説明されていません。

ブックレットで紹介されているようにするのにはシャツとネクタイが必要。

白いシャツは他の衣装でも登場するしアクセサリーパックで単品売りもされていました。コストカットの為、既に持っていることが多いと判断されたシャツが落とされたのかもしれません。とにかくシャツ自体は数が多いので今でも簡単に入手可能です。ではネクタイは?

このネクタイはアーミイアンドエアフォース/#797Army&AirForce(1963)に付く物です。アメリカンエアライン機長のスーツに組み合わせられる濃紺のネクタイはヴィンテージ期ケン衣装の中ではこれしかないと思います。アーミイアンドエアフォースも数が多いのでなんとかなると思います。

シャツとネクタイはなんとかなる。このスーツで欠けていては形にならない物は帽子。

この帽子も非常によくできていて帽子の縁はゴムで頭にフィット。記章の下に銀色のブレードが付けられ、透明のビーズがスタッズに。帽子のつばはビニールコーティングをした生地で矢のような模様が付いている。恰好いい帽子!

残念ながら画像の帽子は記章が少しズレてプレスされてしまっています。アメリカンエアラインの頭文字’A’に挟まれた鷲が羽ばたいているデザイン。鷲は右向き。

この衣装、出回っているのはほとんど1964年ヴァージョンです。海外オークションではセットがバラバラに分解されて出品されている方法も多いので値段は高くなりがちだれどジャケットや帽子だけ単品購入することも可能。

なかなか遭遇しないのが1965年ヴァージョン。このバッグがHTF(Hard To Find)。私はこのバッグを入手することがなかなか出来ず、落胆と狂喜を味わいました。が、そうはいっても大量生産品なので追い求めていれば見つかります。

バービーのエアライン衣装、アメリカンエアラインスチュワーデス/#984American Airline Stewardess(1961)のアクセサリーとの比較。スチュワーデスは明るいブルー、機長は濃紺。

画像はスーツが1964年、バッグが1965年のミックスです。

袖口の4本のラインは最高責任者を意味し、エアラインでは機長の証し。

ケンやアランは21,2歳くらいの設定らしいのですが、子供が憧れる職業のユニフォームを素敵に着こなすのが任務。なのでこの重みある4本ラインのジャケットを着ます。

モデルは1965年ベンダブルレッグのアラン。

 

Come fly with Allan! 1965 Bedable Allan in American Airlines Captain.