Ken Fashion 1961

ヴィンテージケン衣装コレクション・#781 スリーパーセット/Ken Fashion 1961 #781 SLEEPER SET (1961version/complete)

1961年、フロックトヘアのケンと一緒に登場した9種類の衣装の1つがパジャマ。パジャマはその後もバービーファミリーの衣装によく登場するものの1つでケンにも繰り返しパジャマが登場。

デート中でも大学生でもないパジャマ姿はなかなか楽しい。そしてなによりこのパジャマの品の良さ!

内容;パジャマシャツ、パジャマパンツ、めざまし時計、シュガーバン、ミルクの入ったグラス。

パジャマシャツ;タグ有、白と茶のストライプ、左胸にポケット1、スナップ2、ボタン3、襟とポケットのトリムに茶色、袖口にカフス。

パジャマパンツ;シャツと同じ生地、タグ無、ウェストはゴム、フライ(前立て)にステッチ。

めざまし時計;真ちゅう製。直径は約1.5㎝、とても小さいアクセサリー。小さな脚も2本付いている。

シュガーバン;ロウ製、砂糖でべたべたしたお菓子の感じがよくでている。

ミルクグラス;プラスチック製、グラスの内側を白く塗ってある。画像のグラスは塗装が剥げてヒビ割れてきている。

私はこれは休日の朝10時、パジャマ姿でとる朝食だと思っていました。しかしこれは’寝る前のおやつ’であると当時のブックレットに書いてあるのでした。やはりケンはアメリカンボーイだと思わせられる楽しいアクセサリー。

左画像は表情がまるで違うけれど両方とも1961年に販売されたフロックトヘアケン。左側は1961年だけ登場した珍しい茶色い髪。

フロックトヘアケンはその後に差し替えられたペインテッドヘアのケンに比べて生っぽい印象。大量生産品なのに個体差が大きく、くすみや歪みも多い彼等はどこか人間ぽい。

フロックトヘアケンは気に入った表情に出逢えれば同じ物はないオンリーワンになり得る人形だと思います。

 

バービーのボーイフレンドとして登場して約2年間販売されていたフロックトヘアケン、しかし添付したブックレットや箱に描かれた姿に全然似ていない。むしろそれらのイラストレーションは最初からペインテッドヘアケンのイメージに近い。これはヴィンテージケンのミステリー。

 

この白×茶ストライプのスリーパーセットは1963年まで発売され、1964年には同じ衣装番号のまま白×ブルーのストライプになって再発売されました。

一見色違いなのだけど生地はまったく違う。

パジャマのパンツにはフライ部分に丁寧にミシンステッチ。ほとんど見えないし気が付くことも少ない部分。このこだわりが酔わせてくれます。

下の画像は姿が変わっていくヴィンテージケン達。みな変わらないデザインのパジャマを着ています。

左から1961年のスリーパーセットを着る1961年の茶色い髪のフロックトヘアケン。

中左、同じスリーパーセットを着る1961年のブルネットのフロックトヘアケン。

中右、1964年ヴァージョンのスリーパーセットを着る1964年のペインテッドヘアケン。

右、1966年タイムトゥタァンイン/#1418 Time To Turn Inを着る1966年のブラッシングベンダブルレッグケン。

From left:

1961 Brownette flocked hair Ken in #781 Sleeper Set 1961 version.

1961 Brunette flocked hair Ken in the same 1961 version Sleeper Set as brownette Ken.

1964 Blonde painted hair Ken in 1964 blue version #781 Sleeper Set.

1966 Blushing bendable leg Ken in 1966 #1418 Time To Turn In which is made of the same pattern as #781 Sleeper Set.